2018年5月27日日曜日

社長の器

今週前半は三ヶ月に一度の社員面談でした。

終日の面談は、なかなかハードワークですが、それぞれのメンバーと役割や、目指す方向などが擦り合わせできると、やっている甲斐もありますし、若い人の成長を感じたり、ベテランが役割を発揮してくれていると、嬉しくなります。

ただ同時に、課題も沢山見えたり、全く伝わっていない事もあって一進一退を繰り返しています(笑)が、それも含めて、自社の位置付けがよく分かります。

週の後半は勉強会で、売り上げ日本一のお豆腐屋さんの相模屋食料さんへ訪問し、工場見学と、社長のお話を伺ってきました。

お豆腐屋さんと言いながら、一般的には斜陽と感じられる業界で、何と13年間で売り上げを7倍にされ、直近では約220億円ですから、立派な製造メーカーで、工場も今まで行った精密機器などの工場を含めても、一番厳しく衛生管理をされていて、社員の方の応対、働き方も素晴らしい企業でした。

躍進の起点は、年商32億の時に新工場を41億で建てた事だそうですが、その際は、毎日、あそこはもう潰れると周囲から言われていたそうです。

うまく行きだした頃から、当時、非難していた人ほど、”よくやった、うまくいくと思っていた”などと言っていたそうですが、これは私自身も経験があるのですが、他人(ヒト)って何なんでしょうね?
所詮そんなものですから、やはり自分をしっかり持っていきたいものです。

社長自身が40代半ばなので、まだ後の事は考えず、これら仕組みづくりや教育なども、全て社長が作り上げて来られた様でしたが、弱者の戦略で、中小企業が勝てるのはスピードしかないと走って来られた様でした。

丁度面談で、一進一退の自社の課題や、現状のポジショニングで感じていたポイントとも重なり、又、私自身との比較から、考えを整理するに大変役立ちました。

翌日は、石坂産業さんが本社横で作っておられる東京ドーム4個分の里山、三富今昔村で、年に二、三度開催されるという、さとやまNightに寄らせて頂きました。

石坂産業さんは以前から、石坂社長のお話も聞いていましたし、テレビなどで様子は見ていましたが、東京ドーム4個分という広大な敷地で里山を形成されているのを目の当たりににすると、偉大さというか、尋常では考えられない展開をして来られたのを、肌で感じる事ができました。

この展開も、ダイオキシン問題で産廃業者が徹底的に悪者にされ、石坂産業さんも地域から出て行けとの運動をされた所から、当時最新の設備を15億で導入されたばかりにも関わらず、その設備を廃棄し、新たに40億を投資して全天候型独立総合プラントに作り直して、焼却から再資源化に転換されたのでした。

企業は社長の器以上にはならないと言いますが、売り上げより大きな投資を行なって来られた社長に連続で会って、私自身も棚卸しできました。

今朝、以前から取材して頂いていたNHKのルソンの壺が放送されました。

オフィス改革というテーマで、最大手のコクヨさんとウエダ本社を取り上げて頂いたのですが、ポジションニングも考えて、私自身の器に合わせて動いて行きたいと思います。

2018年5月20日日曜日

ルソンの壺をご覧下さい!

今週の日曜日(13日)は、スタジオでのテレビ収録を経験させて頂きました。

ルソンの壺 というNHKのビジネス番組で、放送は5月27日7時45分からと早いですが、これをご覧頂くと、事務機のウエダという事で知って頂いている経済界の方には、ウエダ本社は一体何をやってるのか?について、ソーシャルの世界で知って頂いている方には、我々がお金を稼いでいる部分について、ようやくご理解頂けると思います(笑)


ただ残念なのは、小説ハゲタカを書かれた真山仁さんが司会という番組なのに、放送は関西エリアのみとの事で、他地域の方はオンディマンドか、関西エリアの方に録画でもしてもらってでしかご覧頂く事ができません。

今回、”オフィス改革”というテーマだったとは言え、NHKさんが、うちの会社を探し当てて、取り上げて頂けたのは、大変うれしい事でした。

まだまだオフィスにお金を掛けてどれだけ儲かるのか?できればお金を掛けたくないと考える所が多いですが、我々は、その感覚こそが、日本が価値創造していけない根源だと思っています。

そしてその管理(指示、命令)体制の感覚のままで、働き方改革と叫んで制度化していく事の、国としての危険性を感じているだけに、人のパフォーマンス、モチベーションを高めるオフィスや、価値を生む場というものを研究して、提唱して来た事が、漸く一部で理解して頂ける様になり、NHKさんにも見つけて頂ける様になったという事で、大変うれしい事だったのです。

政府、経済界、教育界、社会全体のこれまでの枠組みが、完全に制度疲労を起こしているにも関わらず、色々なニュースを見ても、まだまだ力づくで、上から押し通していくやり方がまかり通っています。

オフィス領域などからの変革などというのは小さい動きではありますが、人の働く場所や環境にお金を掛けていくという事や、自分達で考えていくという事は、管理型、その元となる、均一性、効率化などを良しとして来た価値観から、人の可能性、個性などを尊重していく価値観への転換を意味するので、我々としては、これを機にもっともっと広めていきたいと思います。

今週、すばらしき経営研究会は、私も以前聴いて感銘を受けた、「渋滞学」を作られた東大の西成先生の講演でしたが、車、人、在庫、の渋滞、果てはアルツハイマーという病気までもが、記憶の渋滞として同じ構図で捉える事ができ、解決策も同じだという理論で、渋滞を起こさない為には、詰め過ぎず、余裕や一見”無駄”と見える事を入れていく事が重要で、これら全てに共通する理屈だとお話されていました。

間隔を開けたり、休んだりする事が”無駄”と捉えられてしまうのですが、問題解決していくには、まずこの”無駄”の定義をする事、そしてその”無駄”を決めるには、目的と立場と期間を決めないと定義できないとの事で、会社で言えば、短期的利益を求めるのか、長期的利益や継続、永続を目的とするのかで、”無駄”の定義は違うものになり、立場や、何を目的とするかの違いで、必要な事は真逆にもなってしまいます。

会社の目的を、社員や仕入先、得意先を幸せにする事と考えれば、自社の数字や効率だけを考えた展開はしないでしょうし、人を簡単にカットして利益を上げるなど、あり得ない話になります。

我々のオフィスでの展開も、”無駄”なスペースを作りますし、それを作っていく事を社員さんに話し合ってもらって決めるという、多大な”無駄”な時間と費用を掛けた事を行なっていくのですが、それを分かって頂けるケースが出て来たというのは、”無駄”の捉え方も変わって来たのかもしれません。

今週、私の所に来た話を振り返ってみても、短期的利益、或いは自社の都合ばかり考えた話と、長期的利益や信用、信頼に基づいた話が混在していました。

それだけに、”無駄”の定義が合う人、つまり、規模や業種や国(地域)や年齢など関係なく、目的、立場、期間の概念が合う人や所と、手を結んでいかなくてはならないと思いますし、それがこれからの未来を大きく変えるポイントになると思います。

という一歩に向けても、まずは、27日のルソンの壺をご覧ください!(笑)


2018年5月13日日曜日

自分達は何者か?

京都芸繊維大学の仲研究室とは、現在、ウエダ本社のブランディングについて共同研究しています。

それは我々ウエダ本社が、単に、オフィスをスペースとして、ハード的に捉えて提供しているのではなく、企業の人や風土を変えていく事も重要視しているので、そういう展開をするウエダ本社の強み、魅力は何か?何と説明すればよいのか?という事について分析してもらっているのです。

そして、社員がウエダ本社の魅力についてプレゼンするのですが、今週はその第二回目で、最近に入った社員と、インターンで来ている人という、まだ外部目線を持つ人からプレゼンしてもらいましたが、前回行なったリーダー達の視点とは又違って、改めて気づくポイントもあり、なかなか面白いものでした。

私が目指してきて、今もその方向で進めているのは、カテゴライズされない会社(簡単に”~業”と言われない会社)であり、理想形は、ウエダ本社みたいなのが”~業”とか、”~屋さん”、と言われる存在になる事です。

そういう意味では、ウエダ本社って何屋か分からないとか、一言で説明できないというのは、目指す方向には向かっているのですが、とは言え、コンセプトなどは分かりやすく言える方が良いので、この先も、分析、揉みこんでいってもらって、一応、8月3日に予定しているウエダ本社の80周年のパーティーに併せて今年は一枠だけ行う、京都流議定書の所で、発表できればと思っております。

ドラッカーは、企業の目的は顧客の創造しかないと言っており、顧客の創造を目的とするなら、基本的機能はマーケティングとイノベーションしかないと言っています。

マーケティングにおいては、何屋か分からんというのは、独自性を作り、競争しない存在になるという事で、「戦いを略する」正に戦略であり、一つのブランディングとしても狙い通りではあるのですが、自分達自身が、”自分達は何者か?”を分かっていないところが課題で、そこにまだ大きなギャップがあります。

我々は、この企業の基本的機能の一つであるイノベーションを生み出す場を提供していく会社です。

そして、その場は決してハードではなく、風土や人が中心となったものであるので、一旦は、何屋か分からんフェーズにいるのです。

今週は二次面接も行っていました。

何屋か分からん会社に来てくれているのは素晴らしい学生ばかりで、しかもその多くが、わざわざウエダ本社を目指して来てくれています。

彼らの方が、ウエダ本社の魅力について、適格にプレゼンをできるのではないか?とも思いますが、そんな学生さん達なのに、少数しか入ってもらえないという事、そして、そんな所での自分自身の役割と、自分自身は何者か?について、今居るメンバーは改めて考えて欲しいと思います。

2018年5月6日日曜日

80周年に想いを馳せて

南ビルのリノベーション工事をする様になった7年ほど前から、毎週月曜日の朝は、個人的に周辺の清掃と、南ビルの裏にある創業者の祖父母と、岡村家のお墓参りをする事にしています。

今週の月曜日はそれが80周年の創業日となる5月1日でしたので、その報告を兼ねて、いつもの様に清掃をしながら進んでいると、うちの管理部門の担当と4月から中途入社のスタッフが、お花も携えてお墓に向かってくれていました。

この管理部門の担当は私よりは年配ではあるのですが、上場企業からの中途入社で、ウエダ歴としてはまだ5年程の者で、まず、その様なスタッフが創業者のお墓参りに出向いてくれる事が嬉しかったですが、聞くと、前任者でウエダ一筋40数年で定年まで勤め上げて頂いた管理担当者が引き継いでくれていたとの事で、これにも感激しました。

そして又それを、入ったばかりのスタッフを同行させて継承していってくれているのですから、朝一から大変嬉しい80周年の創業記念日となりました。

お墓参りと言えば、実は何名もの元社員の方々が、退職されたあと数十年もの間、お盆や暮れ、お彼岸に、お参りして頂いていたり、更には、創業者や私の両親それぞれの命日に参って頂いている方もあって、社員さん達とそんな関係を築いていたり、社員さん達にその様な誇りを持ってもらえる会社を創り上げて来た創業者の祖父や父親を、見直す事ができる様になりました。

そして、この様な想いの方々が繋いできて頂いた会社を、何としても残し、改めて喜んで頂ける会社にしたいと思う様になっていったのも、毎週お墓参りをする様になってからかもしれません。

今居る我々は、決して自分達だけの事で考えるのではなく、これまで繋いで来て頂いた方々、想いを注ぎ込んで来て頂いた方々があって今があるので、それを絶やさず、次世代に誇らしい会社として繋いでいく事を目指していかなくてはならないと思います。

それだけに会社は社長のモノではなく、今居るメンバーだけのモノでもなく、これまでに
関わって頂いた全ての方のモノだと思いますし、創業者と同様にはできないながらも、私なりに今の社員さん達にも、誇りを持ってもらえる様な存在価値を創り上げていきたいと思います。

折しも翌5月2日には、うちの会社を取り上げて頂く番組取材が行われていました。

これまでニュースなどで取り上げて頂いた事は何度かありますが、番組で取り上げて頂くなどは初めての経験で、撮影協力頂いている先様にも多大なご負担をお掛けしたり、結構大変ではありますが、スタッフ達の意識変化が起こればと思いますし、この事が、繋いで来て頂いた先人達へのお返しの一つにもなればと、楽しみにしています。

又、この連休の間には、ウエダ本社にとって、凄い発見もして来ました。

創業者の祖父は、私の血の繋がった祖母の再婚相手で、丁稚奉公から身を立てた人ですが、生まれは奈良県の桜井市で、その親戚は不動産業を営んでいると聞いていたのを思い出し、何となく探してみると、何と、親しみのあるロゴの社名を見つけたのです!

 以前もここでも書きましたが、斜体にしている“ウエダ”の字体を、全く関係のない京都市内の会社が真似ているのですが、これを見ても、我々のオリジナルという事が分かって頂けると思います。

今週は2日間だけの出勤でしたが、創業から現在の姿までが繋がった様な週でした。

そして、今日5月6日は父親の誕生日で、これも又生きていれば100歳となります。

二代目であった私の父は戦争にも行っていましたし、戦死でもしていれば私も生まれていない事になりますが、ウエダ本社も全く違うものになっていたでしょう。

80周年、改めて色々な事に想いを馳せて、今在る事に感謝したいと思います。


2018年4月29日日曜日

採用のハードルを上げる理由


今週は、2019年採用の会社説明会を行い、12名が参加してくれました。

大学への案内、合同説明会への参加、リクルート系の会社との契約など一切せず、ほぼSNSの発信だけで、我々の様な中小企業に、この時期これだけの学生が集まるのは珍しいらしく、採用支援をされる会社さんが見学に来られていました。

実はこの時期(一般的な採用活動時期)から会社説明会を行うというのは8年ぶりで、この間はやはりSNSだけで採用していたり、活動を行うにしても、あえて内定式以降から、本当に働くという意識を持った所から行なっていました。

流石に売り手市場過ぎて、今年は一般的なスケジュールに合わせて動く事にしたのですが、それでも、その様な形を取るのも、色々な面で“数を追わない”戦略や、人についても出身校はおろか、これまでの背景などよりも“価値観”に共鳴しているか?と“やる気”がポイントであるのと、それを見ていくには、広告的にお金を掛けたりして沢山来てもらうよりも、うちの展開に興味を持って“わざわざ来てくれる人”と、できるだけじっくり話をして、お互いが合うかどうか?を見極めた方が良いからです。

今や終身雇用という時代ではないとは言え、特に最初の就職先を決めるというのは、その人の人生においても大変重要な選択になるわけですから、沢山集めてふるいにかけていく様なスタイルでは、我々の訴えていきたい“働き方”や、広めていきたい“いい会社”にも繋がりませんので、頑なに“わざわざ”というハードルを設けています。

という事で、会社説明会の後には、希望者は残ってもらって面接を行なう様にしたのですが、殆どが希望してくれた為、本当はそこから、私と1対1の面接をするつもりが、グループ面談となってしまいました。

その分でもないですが、二次面接は私と1対1で一時間の面接を行ないますので、該当者でこれを見た人は、そのつもりでお越し下さい(笑)

先週には歓送迎会がありました。
これにはFBでもUPしましたが、ウエダ本社80周年の歴史で初となる、スタッフの息子さん、上場企業から来てくれた人、育休開けでの復帰者と、新に入ってもらった守衛さんが歓迎側で、送迎側は、定年後に来て頂いて9年務めて頂いた守衛さんと、40歳で新たな道へ転身するスタッフでした。

家庭のご都合もあって退職されることになった守衛さんからは、“第二の人生で定年後にウエダで納得するまで働く事ができて、これで本当に人生全う出来ました”と涙ながらに言って頂いたり、東京の会社へ転身する事になった、中途入社のスタッフは、前職では仕事に対して後ろ向きだったのが、ウエダに来てから考えが変わり、今回の決断も、以前の自分ではまず無かっただろうし、”ウエダに来たから挑戦しようとする気になった”と言ってくれていました。

会社を経営していて、やはり人が去っていくのは寂しいですが、一方で、この様に働く人達が納得できる経験と場を提供できる事、そしてそれを感じて喜んでもらえた時が、一番嬉しい様に感じます。

それだけに、表面的な時間だけの働き方改革には大きな問題を感じるのですが、仕事を時間や条件だけで判断する人は、ハッキリ言ってうちの会社には向きません。

ただ、誤解しないで欲しいのですが、長時間労働を是としているという事ではありません。

時間など関係ないというか、それぞれによって違うし、そのそれぞれは同じ人でも状況によっても違うので、単純に時間の話ではないという事なのです。

精神的に完全に集中している状態をフローと言いますが、一説では、日本の平均的なビジネスマンは1日に5%しかフロー状態になっていないそうです。

8時間でも30分しか集中していないという事になりますが、その人が長時間働く事よりも、このフロー状態の時間を上げていく様にする事、それが目指すべき働き方改革であり、そんな感覚が広がれば、子育て中の主婦でも、1時間集中した仕事をすれば、8時間労働の一般的なサラリーマン以上の働き手になるのです。

そんな事を考え、そんな働き方改革を目指していきたいと考えているのがウエダ本社ですので、何故、そんな採用スタイルをするか?というのもご理解頂けると思います。

しかし、我々も決して楽をしているわけではありません。

FBもブログも、面白い話は一切なく、馬鹿みたいに同じ様な話を発信し続けている事も、長年に渡るブランディングであり、リクルート活動でもあるのです。

あ、言い忘れてましたが、我々がこんな戦略を取る大きな理由の一つは、お金を掛けらないからです。

これを言わないとちょっと良い恰好し過ぎですね(笑)




2018年4月22日日曜日

枠外の人との共同作業

今週は、審査員として関わっている二件の仕事?がありました。

一つは、京都市の「これからの1000年を紡ぐ企業認定」で、第三回となる今年は三社が選ばれ、その認定式が行われていました。

1000年紡ぐという大きな構想の為、第一回~第三回で選定される企業の毛色が違ったり、審査員それぞれの想いも全く違うのですが、私はこちら認定では、ソーシャルマインドなどは当たり前で、意識せずともそういう精神が組み込まれた事業で、それが、いかに強いか、又、状況が変わっても対応していける柔軟性があるのか?というところを重要視しています。

もう一つの審査は、信頼資本財団の共感融資の審査会でしたが、こちらは逆に、まだ採算に乗らない事も含めて、資金面が厳しいながら、素晴らしい活動で、その団体が無くなると、そのソーシャル課題の解決に対して、大きな損失だと思える所が融資対象だと思っています。

私などが偉そうに審査員?とも思いますが、多くの、経済性のみを追求して来た企業さんに向けては、ソーシャルマインドというか、そもそもその事業と社会との関係性においての想い(繋がり)、企業はどうあるべきなのか?という点では、モノ申せると思っていますし、逆に想いの強いソーシャルビジネスやNPOなどには、継続性という観点から、経営、生き抜いていく力などを見ていく様にしています。

どちら側からアプローチするにしても、これからの日本では、この両側を兼ね備えて、ビジネスを創っていける“事業家“が重要になってくるので、そういう人や企業に光が当たればと思っています。

日本ではオペレーションがうまい人は沢山いますし、そういう人が大企業で出世してTOPなっていっています。

しかし、オペレーションができるのと、事業が創れるのとは別で、むしろオペレーションができる人は事業家にはなれないケースが多い様に思います。

大企業の社長、優良企業の社長だから、ビジネスを生み出し創り上げる事業家かと言えばそうではなく、大企業が何故オープンイノベーションの必要性が迫られているのか?と言えば、それは正に、オペレーションのうまい人達のマネジメントでは、これからの大変革の時代に残っていけないからです。

だからこそ、ソーシャルという世界に、強い想いで打って出ようとする人は重要なのですが、想い、構想力と、それを具現化していく構築力、その両方兼ね備えている人などは、なかなかいないので、そうなると、こちらのセクターでは、自分の足りない所をどの様に補完できるか?想いは強くあっても、それを客観視できるか?が、生き残っていくポイントだと思います。

と、それこそ私自身ができないのに、偉そうに言ってますが、両側を見れる役割を頂いているので、それらが交差していく様にしていきたいと思います。

そういう面でも、第一回、二回の認定企業も参加して交じり合わせる1000年紡ぐの認定式を見ていると、認定企業間の連携が生まれていたり、学びあったりされている様で、やはり同じ方向を向いていて、自分の”枠外の人”との共同作業が、イノベーションを生み出すポイントだなあ〜と改めて感じました。



2018年4月15日日曜日

こどもの視点から

今週は、前回好評を博したGOOD PLACEセミナーの第二弾として、こどもみらい探求社 共同代表の小竹めぐみさん、小笠原舞さんのお二人をお迎えし、”女性が輝く環境を考えるセミナー”を開催しました。



こども×〇〇 をコンセプトに、様々な領域に、こどもの視点を持ち込み、こどもの偉大さ、それぞれが世の中の唯一無二の存在であることへの気づきなどから、自分を大切にし、主語を自分に転換していくことへのサポートを行っておられるお二人ですが、女性が働いていく為に必要な要素ってどんなことがあるのか?
その辺りをディスカッションさせて頂きました。

保育園が足りないと、働く女性を増やしていく為に、企業業内託児所も、広がっていますが、国の援助が無くなっていけばどうなるのか?気になります。

本質的には、子供とも一緒に働ける場が広がっていくことが理想だと思いますし、我々としては、子供が来ても良い職場を、お二人と研究して広めていきたいと思います。

どんなことも、効率を求めたり、他人を気にして、標準化を求めていったり、リスクを恐れ、安全を求めて、"分ける"様になっています。

本来は分けないこと、そして分けない為には、違いを認識することが重要だと思うのですが、これまで日本で行われてきたことは逆で、皆同じ(標準、均一)が良いとして、違うことを悪いと捉えてきたのです。

ウエダ本社子会社のMEGAMIでは、今月から、お子さんと一緒に働けるサテライトオフィスを開設し、これを広めていくことにより、保育園に預けて会社で働くのか?在宅勤務か?ではなく、”預けない選択”という選択肢を提供して参ります。

こどもの偉大さに学んで、”こども達に良い影響を与える大人達を育てる”という目的もあって、こどもみらい探求社さんでは、”おやこ保育園”という活動も行っておられますが、
我々でも、こどもが来ても良い職場を考えていくことによって、全員がこどもの経験を持ちながら凝り固まってしまった大人達の頭を変え、男性社会で固められた枠組み、環境を変えていけないか?と思っています。

毎日繰り返される、我が国TOPの政治家、官僚の、改ざん、隠蔽、嘘、責任逃れのオンパレードを見ていると、この岩盤の様に凝り固まった方々が、自分達も持っていた筈のこどもの目線や感情を思い出してもらえないかと思いますね。

おやこ保育園でも見に来て頂けたらいいのですが。